なぜ治験で偽薬を用いるのでしょうか。

治験において有効成分を含まず、治療効果のない薬、いわゆる偽薬を服用する可能性があることをご存知でしょうか。
比較試験、2重盲検比較試験という種類の治験に偽薬が用いられます。

偽薬治験で用いる理由として、新薬の有効性を科学的に明らかにする方法として、まったく有効成分を含まない偽薬と比較することがもっとも合理的と考えられているからです。

例えばまた、患者と医師の両方に偽薬を使っていることを知らせないことを二重盲検といいます。
医者に知らせないのはうっかり口を滑らして患者に明かしてしまうのを避けるためですが、患者が偽薬であっても治験薬と言う概念を持っていれば、まったく効果のない薬でも病状は良好に向かってしまうケースがあります。
実のところ特に痛みなど自覚症状中心の病気では半数近くが偽薬で改善したと言うケースもあるようです。
このような場合新薬である治験薬の効果を正確に検証することはできません。 本当に効果のある新薬であれば、偽薬と比較したときに効果は歴然とするはずです。

このような理由で治験には偽薬が用いられることがありますが、偽薬を対象とする治験ではインフォームドコンセントの用件項目に加え、偽薬についてのいくつかの質問、説明がされ、そのうえで個人の意思で治験に参加するかどうか決めることになります。

おすすめモニターサイト一覧