ひと冬の間のど飴をひたすらなめ続けたモニター体験(40代女性)

私が以前参加したモニターは3か月以上の間ある決まった種類の「のど飴」を毎日5粒以上なめるというものでした。
そして、のど飴をなめている期間ずっと毎日の体温や体調についてWEB上の決まったフォームから報告するというものでした。

3か月舐め続けるというのど飴はスティック状の持ち運びに困らないタイプでドカンドカンと箱に入った状態で宅配で運ばれてきました。
もともと甘いものは大好きな私ですが、あまりのボリュームにちょっと腰が引けました。
しかも舐めてみるとのど飴はオーソドックスなちょっと辛いスーッとするタイプのやつで、1日5粒以上絶対となるともはやサプリメント状態でした。

当初のど飴を毎日毎日なめるというのはそんな大変な作業ではないしいいかなと応募したのですが、どうしてどうして、同じ銘柄ののど飴を毎日なめ続けるとさすがに飽きがきて大変でした。
また、体温等を毎日報告するというのも結構面倒でした。何日か溜めて数日分を報告することも認めてくれていて、3日分くらい溜まるとメールで「報告してください」という案内が来ました。親切な感じだったのでいかにも催促されているという不快感はなかったです。

それだけ苦労したひと冬3か月間でしたが、そのデータは「のど飴をいつも舐めているとなめていない場合よりもインフルエンザなどにかかりにくい」というような事実を証明するためのもののようでした。
事実その冬は家族の他のものが風邪をひいても私はひきにくかったように思います。

モニター中はほかの飴を舐めてはいけなかったので、終わってやっとほかの飴を舐められる~と一度は思いましたが、なぜかわざわざ買ってまで舐めなれたのど飴を買ってしまうのです。
今でも冬はなるべくのど飴をなめて風邪にかからないように予防しています。

おすすめモニターサイト一覧