プラセボを用いる治験では症状が悪化する可能性も

治験においてよく聞く言葉としてプラセボというものがあります。これは有効成分を含まず治療効果のない薬、つまり偽薬とも呼ばれます。薬を飲んだと言うことだけで精神的に安定し、効果がないプレセボを飲んでいるにもかかわらず、症状が改善されることをプレセボ効果と言います。

プラセボは見た目では全く判断できず、砂糖やでんぷんを用いて作られています。治験においてこのプラセボを用いることで、治験薬と比較し、治験約の有効性を科学的に明らかにするために用いられます。しかし、参加者はもちろん医師にも知らせられないことがあり、2重盲検比較試験と呼ばれます。
治験によってプラセボを飲む確立は変わってきます。全員がプラセボを一度絶対飲む場合、治験薬かプラセボどちらか飲む場合、もしくは飲まないまま終了することもあります。

プラセボのある治験に参加する場合は、説明を受けてもわからない点は積極的に質問し、理解できるようにしましょう。もし治験に参加したいと思っているならこのプラセボについても十分情報収集し、納得した上で参加申し込みをしましょう。

偽薬を投与されているのかどうかは、試験中も終わってからも教えてもらえないと思って下さい。
特定の病気の治療薬の治験に、患者として参加する場合は、効果のある薬を投与されない、つまりは治療を行わないということでもあり、症状が悪化する可能性がることも理解しておく必要があります。

おすすめモニターサイト一覧