リスク回避のために上手に治験の種類を選びましょう。

リスクは実際に受ける治験の内容よって違うのはもちろんですが、人によってもその捉え方は様々なようです。最大のリスクとして考えられるのはやはり副作用でしょう。

新薬の治験であるなら、世に出ていない分まだ分かっていない副作用があると言う点はリスクといえるでしょう。それを調べるのが目的でもあります。
しかしながら、治験の段階では多くの検査がすでに行われ、ほぼ安全であるというレベルですので、ほとんど危険はないとも考えられます。そうでなければ、人間でテストする段階までは進めませんから。

危険をなるべく避けたいと思うなら、自分で薬の種類を選んでみてはどうでしょうか。薬を服用するようなものだけではなく、シップや抗菌剤などの治験などもあります。

またジェネリック薬品として開発されている薬の治験の場合は、すでに同じ成分のものが市販で売られたり、臨床の現場で安全性が証明されたりしているので不安が少なく参加することができるのではないでしょうか。
その分、協力費はいくらか安くなってしまうというトレードオフがあります。

それでも不安だという方は、化粧品やサプリメントのモニターに参加するという選択肢もあります。
ただ、人が参加したくないようなものほど協力費がたくさんもらえると考えると、ある程度は割り切って考える必要があるかもしれません。

おすすめモニターサイト一覧