新薬開発の流れ

新薬開発にはとにかく時間がかかります。人の命に関わることなので、慎重に慎重に進められます。
その流れを追ってみましょう。

まず、新薬の有効成分となる物質の発見や開発を行う基礎研究が3~5年程度かかります。
そして、その次に、試験管の細胞や、動物を使って、薬の有効性や安全性を調べる非臨床試験が2~3年程度続きます。
そして、そこで安全性が確認されたものが臨床試験として、人体を使って有効性や副作用などが調べられます。その期間はおおむね、5~7年程度になります。
そこで成果が得られたとしてもそこで終わりではありません。薬としての承認申請、審査に、さらに1~2年ほどかかります。
それが終わって、初めて薬として発売されることになります。
薬は販売されますが、薬の試験はそこで終わりではありません。製造販売後も臨床試験が続きます。薬の安全性を確実なものにするために、長期的な影響を調べるのです。

このように、新薬の開発には、10年以上の月日が必要になります。
そのため、1つの薬を開発するには150億円~200億円かかると言われています。
もちろん、費用をかけて成分を研究した結果、断念というケースも枚挙に暇がありません。

だから安価につくれるジェネリック医薬品に注目が集まっているんですね。

おすすめモニターサイト一覧