治験での副作用が出た場合の対処法

治験で副作用が発生するかもしれないと言うことはよく知られていることです。高額な協力費がもらえるのは、危険だからこそ。
参加する場合はリスクの説明は十分に受けているはずですし、薬を使うわけですから、多少の副作用は大目に見る必要があるかもしれません。

副作用と言っても例えば風邪薬を飲むと眠くなるような大抵のものは軽度のものとされています。ただどのような副作用が出るかは治験の種類によって変わってきますし、前例が無いからこその新薬です。

しかし、治験を行う病院において担当医師がそれまでの試験結果を踏まえ、予想される効果や副作用などを丁寧に説明してくれますし、治験が始まった後でも、もし他の参加者に何らかの副作用が出た場合は、報告説明し、なおかつ治験を継続するかどうか自分で決めることができます。

定期健診を受けるので、治験によって副作用が出た場合は早期発見もできますし、副作用によって治療や追加の検査が必要な場合は、製薬会社など治験依頼者が負担することになっています。ただし、治験担当医師が副作用とみなさない場合の検査費用は自己負担になってしまいます。これらのことを考慮に入れて治験申し込みしましょう。

おすすめモニターサイト一覧