治験ではどんなトラブルがあるか?

どんなものにもトラブルはあるものです。治験というのは、新薬の効果や副作用などを調べるために、実際に人に投与し、状況を観察するものです。新薬の開発における最終段階とも言えるもので、ここに至るまでには、十分に安全性が確認されています。

とはいえ、最終的に、人に投与したときの影響を確認するためのもので、治験で思いも寄らないことが起きるのは十分予想できます。
もっとも、現実には、治験で起きるトラブルは、薬の投与において発生したトラブルよりも、治験の期間や費用面でのトラブルのほうが多いようです。

治験の結果、予定した日数よりも長く経過観察したい場合など、追加費用や、もしくは治験者を当初の契約よりも長く拘束する必要などがでてきます。
当初の計画の変更が必要になったときの費用面などでトラブルがおきることがあるようです。
また、1回、2回程度の治験では、副作用などの問題は多くはないのですが、治験を何度も経験している人などは、長期的な影響が出やすくなる可能性も秘めています。

その場合の体調不良などは、何が原因なのかハッキリさせることは難しいでしょう。どこにも責任を問えないことになりかねません。
そのあたりのリスクは十分に認識しておく必要があります。

おすすめモニターサイト一覧