治験と臨床試験の微妙な違いとは?

治験と臨床試験は言葉は違えども、いったい何が違うのか疑問に思われる方も多いでしょう。
治験とは、製薬メーカーが開発した薬剤を厚生労働省に承認認可してもらうのを目的として行うものです。

承認前の薬剤を患者や健康な人に投与することにより、副作用があるかどうか、また副作用の種類や程度など安全性を確かめたり、有効性を知ったりすることができます。この新薬開発のために行う治療をかねた試験のことを治験と呼びます。これは、厚生労働省へ届け出る必要があります。

臨床試験も治験と同様に患者や健康な人に対して、治療をかねた試験を指しますが、治験と違うのが新薬の開発の目的に限らないというところです。
新薬を開発するだけではなく、認証された薬の効果を継続的に調査したり、すでに存在している薬の別の効能を調査・確認したりするなど、人に対して行う治療を兼ねた試験の全てを指して臨床試験と呼ばれます。

臨床試験の中に、治験が含まれるということですね。
サイトによっては、あえて同じものとして表記している場合もあるので注意しましょう。

治験への参加は、ボランティアとして行なわれますが、お金がもらえます。
負担軽減費や協力費と呼ばれ、いわゆるアルバイト代ではありません。

おすすめモニターサイト一覧