治験による健康被害の補償にも制限があります

治験による健康被害はいつの時代も治験モニターの不安のひとつになっています。現在は多くの人が治験ボランティアに参加することで、将来的に新薬を世に送り出すと言う目的意識を持ち治験が身近なものになってきています。しかし、その分健康被害についてあまり考えない傾向があるようです。細心の注意が払ってあるとはいえ、100%健康被害を受けないわけではありません。

万が一健康被害が生じた場合、治験を依頼した製薬会社から補償を受けることができます。これは治験に起因する健康被害に対するもので無過失責任であることや、被験者側に立証責任がないことが特徴とされています。法令違反や落ち度が無くても、補償されるということです。

しかし治験自体と関係性がない健康被害に関しては保障の対象とはなりません。例えば入院中の食事にあったたり、通院中に事故にあった場合がその類です。
治験中に起こった健康被害の責任がすべて補償されるものではなく、本人にしか分からないような気だるさや、耳鳴り、体の不調などの健康被害の場合健康費が事実の立証は困難といえます。

製薬会社、医療機関が法令違反をしたことによって不利益が生じた場合は、賠償責任が裁判などで認められれば、賠償金が支払われます。

おすすめモニターサイト一覧