治験の全体的な流れ

治験に至るまで医療関係者や科学者が数年を費やして、新薬を開発しています。厚生労働省が治験実施計画書の内容が適切であるかを審査して許可を下しすわけですが、実際の治験の流れはどういったものなのでしょう。

まずは、治験モニターの募集が行われますが、その後治験の流れの重要な部分となるのが事前説明です。
治験担当医師などから治験の目的、方法、検査内容、さらに予想される効果や副作用についても情報が渡されます。この時点で不安や疑問をなくすためにしっかりと理解することが必要になってきます。
そして、説明を聞いたうえで治験に参加したいと思うなら同意書に署名します。しかし署名したからと言って誰でも参加できるわけではなく、治験によって参加条件が異なるので健康診断や検査を受け、治験参加者が決められます。
この後の治験の流れは試薬や治験内容によって、時間や来院回数、検査内容などそれぞれ変わってきます。一定の定められた期間使用すればそれで終了になります。

入院か通院かで大きく変わります。

治験モニターの治験の流れは説明を聞き、承諾、治験薬の使用ですが、その後製薬会社は結果をまとめたり、さらに調べたりなど新薬が世に出るまでには様々な工程が踏まれています。

おすすめモニターサイト一覧