治験の危険性を知るためには、事前説明をよく聞きましょう。

治験の種類にはいくつかあり、すべてがすべて安全と言うわけではありません。
もちろん危険性がある治験だって存在するのです。例えば新薬の場合、謝礼はとてもいいのですが体に危険性が無いとは言えません。

新薬と言うことですから、まだ認可が下りていないということを念頭におきましょう。もちろん、副作用はあると考えていいでしょう。新薬の治験には副作用が出るまで飲み続けなければいけないという危険性の高いものまであります。
協力費が高額なものは、第一相試験(フェースI)と言われる副作用を確認するためのものの場合が多いです。

しかし、治験参加者には何のためにどのような治験を受けるか十分理解するための説明を受けなければいけませんし、自由意志で治験を受けることを書面で示す必要があります。
GCPによって治験者が説明しなくてはならない内容が定められており、治験の目的、期間や副作用、また危険性なども事前に知らせられます。ですから危険性を知った上で治験を受けるかどうかは結局のところ個人の判断ということになります。

説明などを行なう治験コーディネーター(CRC)は、看護師、薬剤師、臨床検査技師のいずれかの資格を持っているので安心して相談しましょう。
当たり前ですが、もしも納得できなければ参加しないことです。だれも強制するものではありません。

おすすめモニターサイト一覧