治験の年齢制限は薬の種類で変わってくる

治験参加を希望する際応募条件として、年齢制限があります。基本的に治験での年齢制限は20以上とされていますが、インターネットなどで登録する際には稀に18歳以上と言うところもあるようです。
治験は個人の意思で新薬を試すモニターになるわけですから、基本的に未成年者の参加は認められていません。

しかし、20歳以上だからと言ってすべての治験に参加できるかと言うとそういうわけではないようです。年齢制限は治験の種類によって変わってきます。

治験薬の種類によっては40代以上、または高齢者限定と言うものがあったり、逆に30歳以下限定などの年齢制限があったりします。
詳しい内容はネットなどで発表されませんので、年齢制限に引っかからなくても、実際に参加申し込みをした場合年齢制限のほかに、体重や身長、性別なども治験の条件として挙げられることがあります。

年齢制限やその他の条件は新薬開発のため、また安全性を重視した上で決められていますので、よく説明を読んだ上で条件を満たしている場合のみ治験参加の申し込みをしましょう。

サプリメントなど、いわゆる健康食品や化粧品のモニターなどは18歳以上で参加できるものもあります。

おすすめモニターサイト一覧