治験参加前にデメリットをしっかり調べましょう。

何事にもメリットとデメリットがありますが、治験に参加することにももちろんリスクはあります。
デメリットとして最初に挙げることができるのは、副作用の可能性です。

開発中の医薬品ですので、大きな副作用の危険性は除去されているとはいえ、医師が予想しない副作用が発生する可能性はあります。

また、治療効果を期待して参加したとしても、プレセボといういわゆる有効成分を含んでいない偽薬を服用する可能性があります。事前にプレセボであることは教えられないので、治験薬を飲んでいると思っても効果が出ない場合もあります。

体だけではなく、時間も調整する必要があります。治験参加中は意見のスケジュール時間を守らなければいけませんし、通院や検査のために時間を取り分ける必要もあります。
また通常の診察よりも検査頻度が多くなり、通院回数や診察時間が長くなったり、病院を変えたりしなければいけないということもあります。

このようにマイナス面がいくつかありますが、申し込む前にしっかりと考慮して、自分が参加できるかどうか考えましょう。
高額な協力費をもらえるということは、それだけリスクがあるということですね。コーディネーターの話をしっかりと聞いて、納得してから参加するようにしましょう。

おすすめモニターサイト一覧