軽度の治験による後遺症は保障されない?

治験の怖い点として未知の副作用があるかもしれないということがあげられます。
実際に治験に関する保障制度があるということは、副作用が発症し後遺症が残ったり、命を脅かす危険があったりすることの証拠とも言えます。

後遺症が残ってしまい、治験との関係性を立証できたとしても、保証金が支給されるのは医薬品副作用被害救済制度における後遺症1級、または2級に相当する場合のみとされています。これは失明したり、常に介護が必要になったりする程度のものを指しますが、医療費、医療手当てはずっともらえるものではなく症状が落ち着くまでですし、軽度の後遺症の場合なら補償なしで後遺症と闘っていく必要があります。

治験前に動物実験などでできるだけ安全性は高められていますが、動物では出ない後遺症が人間に出る可能性は十分に考えられます。
参加は個人の意思です。説明を受け納得した上で承諾した場合は、治験に伴う後遺症も含み危険性も理解していることになります。ですから安易に参加するのではなく、納得し危険性も受け入れた上で参加していきましょう。

第一相試験(PhaseⅠ)の場合は、協力費も高額な分、リスクが高いと理解しておきましょう。

おすすめモニターサイト一覧