100%の安全性は期待できない治験参加

治験と聞くと人体で実験すると言う少し怖いイメージがありますが、実際には安全性に関してかなり保障はされています。
確かにどういった副作用がでるかわからないという不安点はあるかもしれませんが、治験にいたるまで研究者や科学者、医療関係者が数年かけて実験や調査を重ねたものが治験薬として使用されるので、安全性に関しては大方安心できます。

実際に新薬の治験は厚生労働省の許可を取った上で、国家資格を持った薬品関係者、医療関係者の人が必ず同席することになっており、すこしでも体に異変があればすぐに診察してくれます。薬品会社も自分が作っている薬で重大な副作用などが発症すれば、会社の存続が危うくされますので、治験まで至った薬の安全性に関しては細心の注意を払っていると言えます。

しかし、当然100%の安全性が保障されているわけではありません。極限までリスクを減らす努力をしていても副作用が起こるリスクはあります。
そのような安全に関する情報を理解したうえで治験に参加するかどうかは結局自分次第と言えます。

いずれにせよ、どのくらい安全なのかは個別の問題になります。
謝礼が欲しいがために、説明もよく聞かずに安易に参加するのはおすすめできません。
しっかりとコーディネーターの説明を聞いて、納得した場合のみ参加しましょう。

おすすめモニターサイト一覧