プラセボを用いる治験では症状が悪化する可能性も

治験においてよく聞く言葉としてプラセボというものがあります。これは有効成分を含まず治療効果のない薬、つまり偽薬とも呼ばれます。薬を飲んだと言うことだけで精神的に安定し、効果がないプレセボを飲んでいるにもかかわらず、症状が改善されることをプレセボ効果と言います。
続きを読む

治験の年齢制限は薬の種類で変わってくる

治験参加を希望する際応募条件として、年齢制限があります。基本的に治験での年齢制限は20以上とされていますが、インターネットなどで登録する際には稀に18歳以上と言うところもあるようです。
治験は個人の意思で新薬を試すモニターになるわけですから、基本的に未成年者の参加は認められていません。
続きを読む

治験による健康被害の補償にも制限があります

治験による健康被害はいつの時代も治験モニターの不安のひとつになっています。現在は多くの人が治験ボランティアに参加することで、将来的に新薬を世に送り出すと言う目的意識を持ち治験が身近なものになってきています。しかし、その分健康被害についてあまり考えない傾向があるようです。細心の注意が払ってあるとはいえ、100%健康被害を受けないわけではありません。
続きを読む

ハイリスク・ハイリターンの治験で稼ぐ注意点

最近では副業として、またお小遣い稼ぎとして治験に参加する人が増えています。治験で稼ぐと言うのは他の仕事よりも簡単で割がいいのがその人気の秘密かもしれません。治験モニターの基本的な仕事としては販売前の商品や試薬品などを実際に使用し、その効果や安全性を見ることです。
続きを読む