治験による健康被害の補償にも制限があります

治験による健康被害はいつの時代も治験モニターの不安のひとつになっています。現在は多くの人が治験ボランティアに参加することで、将来的に新薬を世に送り出すと言う目的意識を持ち治験が身近なものになってきています。しかし、その分健康被害についてあまり考えない傾向があるようです。細心の注意が払ってあるとはいえ、100%健康被害を受けないわけではありません。
続きを読む

治験による死亡事故は実際にあるのでしょうか?

治験に使用する薬のほとんどはすでに動物実験や様々な家庭を通して、大きな危険を排除してあり、国から認可をもらうために患者や健康な人に投与して、安全性や有効性を確かめるものです。ですから治験で死亡するという例はごく稀です。
続きを読む

治験ではどんなトラブルがあるか?

どんなものにもトラブルはあるものです。治験というのは、新薬の効果や副作用などを調べるために、実際に人に投与し、状況を観察するものです。新薬の開発における最終段階とも言えるもので、ここに至るまでには、十分に安全性が確認されています。
続きを読む