プラセボを用いる治験では症状が悪化する可能性も

治験においてよく聞く言葉としてプラセボというものがあります。これは有効成分を含まず治療効果のない薬、つまり偽薬とも呼ばれます。薬を飲んだと言うことだけで精神的に安定し、効果がないプレセボを飲んでいるにもかかわらず、症状が改善されることをプレセボ効果と言います。
続きを読む

治験での副作用が出た場合の対処法

治験で副作用が発生するかもしれないと言うことはよく知られていることです。高額な協力費がもらえるのは、危険だからこそ。
参加する場合はリスクの説明は十分に受けているはずですし、薬を使うわけですから、多少の副作用は大目に見る必要があるかもしれません。
続きを読む

生活保護者が治験参加で謝礼をもらったら?

生活保護を受けている方で、治験に参加したいと思う方も多いようですが、生活保護を受けていながら治験を受けることはできるのでしょうか。
治験では保険外併用療養費が適用となりますが生活保護者には原則として保険外併用療養費が適用できないため、基本的にはに参加できないとされています。
しかしながら実際には治験に参加することは問題にはならないようです。
続きを読む

100%の安全性は期待できない治験参加

治験と聞くと人体で実験すると言う少し怖いイメージがありますが、実際には安全性に関してかなり保障はされています。
確かにどういった副作用がでるかわからないという不安点はあるかもしれませんが、治験にいたるまで研究者や科学者、医療関係者が数年かけて実験や調査を重ねたものが治験薬として使用されるので、安全性に関しては大方安心できます。
続きを読む